PhpStorm7のLiveEditでBadGatewayを回避する方法

PhpStormに搭載されているLive Editの機能を使ってみたら「502 Bad Gateway」が出てしまい、とても困ったので解決するまでの履歴を残しておきます。

phpstorm7-502-bad-gateway

発生環境

Mac OS X Mavericksにバンドルされている「PHP 5.4.17」

php-cgi-not-found

LiveEdit実行時に「php-cgi not found」というエラーが出ていたので、php-configで既存のconfigure optionを確認すると、案の定「–enable-fastcgi」は明記されておらず。

バンドル版で動かない以上、環境を変えるしかないので、homebrew版のphp5.4を入れてみることにしました。

homebrewの環境確認

まずは「brew doctor」でbrewの環境が正常か確認しておく。
すると、以前入れていたはずのCommand Line Toolsとかgitが最新版じゃないことが判明。
※ここで「Your system is ready to brew. 」が表示されてれば問題無いです

Xcode / Command Line Toolsが入ってない人はインストールします。
gitはXcodeのバンドルされているモノだとエラーが消えないので「brew install git」で最新版を入れておきます。

homebrew版のPHP5.4を入れる

入れた直後のhomebrewだとPHPが入らないので、対象のformulaをtapコマンドで追加してからインストールする。

インストール完了後、PATHを通して終了

PhpStorm側のPHP Interpreter設定をバンドルPHPから最新に変更

phpstorm-php-interpreter

これで準備完了です。あとはRun->DebugからPHPじゃない方のアイコンを選べばOK。文章だとわかりにくいので動画(約1分)にしておきました。参考まで。